デュオの映画人生〜My Treasure Movies〜オススメ映画

私達の人生を彩る素敵な映画をオススメ致します。

探偵はBARにいる ネタバレ 感想 あらすじ

探偵はBARにいる

を紹介します

 

大泉洋×松田龍平×小雪

シリーズ第1弾!

 

あらすじ

「探偵」が行きつけにしているススキノのBAR「ケラーオオハタ」に電話してきた「コンドウキョウコ」と名乗る女性の依頼で、弁護士を揺さぶった「探偵」は、帰り道に拉致され、雪原に生き埋めにされる。

なんとか脱出した「探偵」は、調査を開始する。

 

感想

有名シリーズ第1弾。

個人的にはこの第1作目が1番好きです。

作品自体は派手さはあまり無くて、淡々と進んでいきますが、この静と動のバランスが作品に良い味を出しています。

ストーリーは意外と難しくて、集中して観ないと謎解きを完全に理解できないと思います。

私は松田龍平のファンなのですが、松田龍平でけでなく、大泉洋が見ていてとても面白いので、満足でした。

このシリーズでは毎回ヒロインに美人女優を抜擢。本作では、小雪です。

小雪もとても魅力的なので、ストーリーだけでなくキャスティングも満足でした。

笑いあり、涙ありの自信をもってオススメできる作品です。

iTunes Storeはから購入・レンタルできます↓

 

Amazonからも購入できます↓

気に入った方は続編もご覧ください!

 

 

 

 

 

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 感想 ネタバレ あらすじ

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃

を紹介します。

 

あらすじ

エピソード1から約10年後。

ジェダイのドゥークー伯爵を中心に分離主義勢力を形成して共和国との間に緊張状態が生じていた。

共和国の軍隊保有の是非を問う元老院議会での投票のため惑星コルサントを訪れたパドメ・アミダラ元老院議員は爆破テロに遭遇し、パドメ自身は難を逃れたものの多数の侍従が犠牲となる。

パルパティーン最高議長の計らいで、オビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカーがボディーガードをする事になり、オビ=ワンとアナキンはパドメを狙った刺客ザム・ウェセルから彼女を守る事に成功。

ザムを捕らえて口を割ろうとするや、別の刺客(ジャンゴ・フェット)にザムは殺されてしまった。

オビ=ワンはザムを殺した凶器から手掛かりを得て、惑星カミーノへ向かう。 

 

感想

逞しく成長したアナキン。

f:id:my_treasure_movies:20181014202314j:image

まだ若く感情に流されがちだが、オビワンをサポートし、パドメとも良い関係を築き、頼もしい!

f:id:my_treasure_movies:20181014202428j:image

と、思いきや、

f:id:my_treasure_movies:20181014202550j:image

母を失い、徐々に顔つきが…ダークサイドに…。

そんな中、オビワンは潜入捜査中にドゥークー伯爵に拘束されてしまう。

f:id:my_treasure_movies:20181014202648j:image

ここからの展開が本作のハイライトかな。

アナキンもパドメも拘束されますが、ジェダイが助けにきて、戦争に入ります。

f:id:my_treasure_movies:20181014202811j:image

ここら辺は見入ってしまいますね。

この後、ドゥークー伯爵が逃げ出しますが、アナキンとオビワンで追いかけます。

しかし、オビワンが倒れ、アナキンは片手を失ってしまい、大ピンチ。

そこにマスター・ヨーダが現れ、なんとかその場を凌ぎます。

オビワンも無事に生きていますが、ドゥークー伯爵には逃げられてしまいます。

そしてみんなで帰還し、アナキンとパドメが結婚?のような感じでエンディングへ。

iTunes Storeから購入・レンタルできます↓

 

Amazonはこちらから↓

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 感想 ネタバレ あらすじ

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナスを紹介します

 

あらすじ

ジェダイ・マスターのクワイ=ガン・ジンとパダワン(弟子)のオビ=ワン・ケノービの2人が、特使としてナブーに派遣された。

だが、二人はバトル・ドロイドに襲撃され、乗ってきた船を失ってしまう。

二人は、ナブーへの武力進攻を開始しようとする通商連合の降下艇に乗り込み、ナブー首都のシードを目指す。

クワイ=ガンは道中、ナブーの原住種族グンガンの若者ジャー・ジャー・ビンクスを救出し、彼の助力でグンガンからボンゴの提供を受けることに成功した。

シードに潜入したジェダイは、拘束寸前であったナブー元首アミダラ女王を救出し惑星を離脱するも、封鎖線を突破する際に船が損傷し、共和国首都惑星コルサントへの航行が不可能となる。

やむを得ず、修理の為に砂漠の惑星タトゥイーンに降り立つ。

 

感想

有名シリーズのエピソード1。

クワイガン、カッコイイです。

f:id:my_treasure_movies:20181013153219j:image

船の修理のために立ち寄ったタトゥイーンで、アナキン・スカイウォーカーと出会います。

本作の見どころのひとつが、アナキンのレースです。

f:id:my_treasure_movies:20181013153340j:image

映像も綺麗ですし、白熱したレーシングです。

f:id:my_treasure_movies:20181013153546j:image

レースで勝利し、はれてアナキンは奴隷解放されますが、母親と離れ離れになります。

f:id:my_treasure_movies:20181013153608j:image

母との別れ、切ないシーン。

そして、もうひとつの見どころがラストの戦い。

f:id:my_treasure_movies:20181013153811j:image

f:id:my_treasure_movies:20181013153915j:image

f:id:my_treasure_movies:20181013153933j:image

それぞれみんな、死力を尽くします。

が、なんとまさかの…クワイガンがここでリタイア…!

死闘の末、ダースモールにやられてしまいました。

その後すぐにオビワンが仇を討ちます。

そして、アナキンがオビワンの弟子となり、本作はエンディングを迎えます。

とても面白いのでオススメの一作です。

ちなみに、アミダラ女王&パドメは、ナタリー・ポートマンが演じており、とても美しい!

iTunes Storeから購入・レンタルできます↓

 

Amazonはこちらから↓ 

 

機動戦士ΖガンダムIII-星の鼓動は愛- 感想 ネタバレ

機動戦士ΖガンダムIII-星の鼓動は愛

を紹介します。

 

Zガンダム劇場版3部作の最終章。

 

ハマーン・カーン登場から、カミーユ・ビダンパプテマス・シロッコを打ち破るラストまでを描いています。

 

感想

シャア・アズナブル×ハマーン・カーン×パプテマス・シロッコの三つ巴抗争が観ていてとても楽しいです。

この3人、全員が素敵なキャラクターなので、最高に楽しめました。

BGMも前作に引き続きスリリングで臨場感があってとても良いです。

このZガンダム劇場版3部作は、新訳Zガンダムと呼ばれ、テレビアニメ版とは終わり方が違います。

アニメ版ではラスト、カミーユ・ビダンパプテマス・シロッコを打ち破った直後に精神崩壊してしまいます。

しかし今回の新訳Zガンダムでは、精神崩壊せず、無事にファと一緒に帰還するのです。

つまりハッピーエンドです。

しかしながら、この流れだとダブルゼータガンダムへ繋がらないといった問題も…。

とても面白い作品なので、是非観て下さい!

iTunes Storeから購入できます↓

 

 

 

ティファニーで朝食を 感想 ネタバレ あらすじ

今回紹介する映画は、ティファニーで朝食を

 

オードリー・ヘップバーンの代表作。

 

あらすじ

華やかな世界に憧れるホリー・ゴライトリーは、収監中のマフィア、サリー・トマトと面会し、彼の「天気予報」をとある弁護士に伝えることで多額の報酬を受け取り生計を立てていた。

アパルトマンには彼女の取り巻きの男達が訪れては騒動になっている。同じアパルトマンに自称作家のポール・バージャクが引っ越してくる、そして...

 

 

感想

レジェンド映画。

自由奔放で美人な女性が、多くの男性を魅了するとともに自分自身に戸惑いながらも、真実の愛を見つけるという、王道のラブストーリー。

有名すぎてなんだか敬遠してましたが、見て見たらとても可愛らしい作品で、とても楽しめました。

映画のストーリーどうこうというよりも、オードリーの魅力が力強く、衣装も素敵だなぁという印象。

観たことないかたにはオススメです。

iTunes Storeはこちらから↓

 

Amazonはこちらから↓

不能犯 感想 ネタバレ あらすじ

今回は不能犯を紹介します。

 

あらすじ

立て続けに変死事件が発生、その現場にはいつも黒スーツを着た男の姿があった。

その男は宇相吹正(松坂桃李)で、“電話ボックスの男”とSNSで話題になり、電話ボックスに殺人の依頼を貼るだけで必ず遂行されると噂になっていた。

標的は必ず事故や自殺や病気によって命を落としていた。

 

感想

宇相吹正という男がマインドコントロールのような特殊能力を持ち、犯罪を犯している。

しかし、沢尻エリカ扮する多田友子だけはその特殊能力が通用しない、という設定。

全体的な感想としては、イマイチというところでした。

イマイチのめり込めない。

しかしストーリー自体は悪くないですし、キャスティングも悪くありません

具体的に何が足りないのか、うまく説明できないのがもどかしい。

なんだろう、盛り上がりに欠ける、というところですか。

ハイライト的な場面がどこなのか、というところですか。

作品を通じてのメッセージ性もイマイチかなぁ。

びっくりするような謎解き・伏線回収もない。

しかしあくまで私個人の感想なので、好きになる方もたくさんいると思いますので、百聞は一見にしかず、一度見て観て下さい

松坂桃李さんの妖しい感じは良かったです(笑)

iTunes Storeからレンタルできます↓

 

Amazonからも購入できます↓

 

 

 

レディプレイヤー1 感想 ネタバレ あらすじ

今回はレディプレイヤー1を紹介します。

 

あらすじ

貧富の格差が激しくなり、多くの人々が荒廃した街に暮らす2045年

世界中の人々がアクセスするVRの世界「OASIS」に入り、理想の人生を楽しむことが若者たちの唯一の希望だった。

そんなある日、オアシスの開発によって巨万の富を築いた大富豪のジェームズ・ハリデーが死去。

オアシスに隠された3つの謎を解明した者に、莫大な遺産とオアシスの運営権を明け渡すという遺言を残した。

それ以降、世界中の人々が謎解きに躍起になり、17歳の孤独な主人公ウェイドもそれに参加していた。そして…。

 

感想

評判が良くて、売り出し方も凄かったので、期待して観たのですが、期待しすぎたのかな?

私にはちょっと微妙でした。

貧困なのに、現実逃避でみんながバーチャルゲームに必死になる設定が、ちょっとないなぁと思ってその後もイマイチのめり込めなかったです。

逆に、中・高生には受けが良いような気がします。

映像は綺麗ですし、後半の展開は良かったと思います!

興味のある方は是非ご覧ください!

iTunes Storeからレンタルできます↓

 

Amazonからも購入できます↓