デュオの映画人生〜My Treasure Movies〜オススメ映画

私達の人生を彩る素敵な映画をオススメ致します。

羊をめぐる冒険 感想 ネタバレあり 村上春樹

今回は小説紹介です。

羊をめぐる冒険

村上春樹

 

デビュー作『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』から続く『鼠』三部作の最終章

甘く切ない青春。

 

 

あらすじ
妻が僕の元を去った後、耳専門のモデルをしている21歳の女の子が新しいガールフレンドとなり、予言した。「もうすぐ重要な電話がくるわよ。」「羊に関することよ。そして、冒険が始まるの。」
その頃、僕の親友『鼠』は誰にも別れを告げずに『街』を去り、小さな街を転々と放浪していた。


感想
スピーディーな展開で、謎が多く、夢中になってすらすら読みました。

ガールフレンドはなぜ羊の事を予言できたのか、後半登場する羊男とはなんなのか。

お勧めポイントは、主人公のユーモアたっぷりな冗談や、登場する音楽・飲食物等の魅力と、鼠の葛藤、謎解き、そして衝撃のラストです。

切なくて切なくて、泣きそうになりました。

前作、前々作から続けて読むことで、登場人物に愛着が生まれ、より深く作品の世界に浸ることができました。

この作品の続編として、ダンス・ダンス・ダンスが発表されています。こちらもオススメです★