デュオの映画人生〜My Treasure Movies〜オススメ映画

私達の人生を彩る素敵な映画をオススメ致します。

ボーン・レガシー 感想

今回は

ボーン・レガシー

を紹介します

 

豪華キャスト!

ジェレミー・レナー×レイチェル・ワイズ×エドワード・ノートン

 

ボーン・シリーズの第4弾!

 

しかしながら本作にはジェイソン・ボーンは登場しません。

ボーン・アルティメイタムとほぼ同時系列の、別のお話です。

スピン・オフ的な位置付けの作品になります。

 

あらすじ

国家調査研究所のリック・バイヤーはアウトカム計画の隠匿を命じる。

この命令によりアウトカム計画の参加者たちは次々に殺される。

アウトカム計画の参加者のひとりであるアーロンは、かろうじてその危機を逃れる。

その頃、アーロンの体調を管理しているステリシン・モルランタ社で銃の乱射事件が発生する。

 

感想

ジェレミー・レナー×レイチェル・ワイズ×エドワード・ノートンということで、

流石に絵になります。全員カッコイイです。

内容は、私個人的にはちょっと物足りないかなというところですね。

やはりボーンが登場しないですし、スリリングな展開やアクションシーンも他のボーン・シリーズに劣るかなと。

緊迫感とかがボーン・シリーズの醍醐味だと思っているので。

しかし、ボーン・シリーズの本編とは切り離してベツモノとして観れば、悪くない作品に思います。

ただし、ラストの終わり方も、ん〜どうなのかなと思いますね。

でもボーン・シリーズファンは観ないと始まらない!

 

iTunes Storeがおすすめです↓

 

 

ボーン・コレクション。こちらが大本命★お得です↓

 

 

Blu-ray派の方はAmazonから↓