デュオの映画人生〜My Treasure Movies〜オススメ映画

私達の人生を彩る素敵な映画をオススメ致します。

レオン 感想 ネタバレ あらすじ

今回は

レオンを紹介します

オススメ度MAX

超名作!

リュック・ベッソン監督×ジャン・レノ×ナタリー・ポートマン

 

孤独な殺し屋と孤独な少女の危険な純愛!

 

あらすじ

孤独に生きる殺し屋レオン。

イタリア系マフィアのボスであるトニーから仕事を紹介してもらい、生計を立てていた。

アパートの隣室に住む少女マチルダは、実の父親だけではなく、義姉からも虐待を受けており、幼い弟マイケルにしか心を開けない。

チルダの父親が、麻薬密売組織の「商品」を横領したことを見抜いたスタンスフィールド。

彼の一味がアパートに乱入し、マチルダの家族を射殺する。

運良く難を逃れていたマチルダだったが…

感想

全てが最高な素晴らしい作品。

リュック・ベッソンの作品はほぼ全てが当たりです。

ナタリー・ポートマンはこの作品で一躍有名に。

「あのときドアを開けて私の命を救った貴方には、責任がある」、マチルダのセリフが心に残ります。

レオンは混乱しますが、やはりマチルダを見捨てない、かっこいいです。

チルダがレオンの真似をして帽子やサングラスを身につけるあたりも可愛らしいですね。

レオンとマチルダがじゃれあって遊んでるシーンが印象的で、観終わったあとに思い出すと切なくなります。

超名作、まだ観たことない方は是非ご覧ください。

iTunes Storeからレンタル・購入できます↓

 

Amazonからも購入できます↓