映画人生〜My Treasure Movies〜

私達の人生を彩る素敵な映画を紹介致します。

ラストミッション 感想

今回はラストミッションを紹介します。

 

リュック・ベッソン脚本作品

 

あらすじ

任務中に倒れたCIAエージェントのイーサン・レナーは、脳腫瘍で医師から余命3ヶ月と告げられる。

仕事から足を洗い、残された時間を離婚した妻と娘ゾーイと一緒に過ごしたいと思いパリへ向かう。

5年間放ったらかしのゾーイに父親らしい事をしようとするイーサンは空回りで父娘の溝は深まってしまう。

そんな中、美女エージェントのヴィヴィ・ディレイが、延命を可能にする試験薬を餌に仕事を持ちかけてくる。

その仕事とは…。

 

感想

非常に楽しめました。

娘との溝が深まっていく様子はわりとありきたりな展開でしたが、ストーリー全体を通してみると悪くない作品です。

本作はリュック・ベッソンは脚本であり、監督ではありませんね。

私はあまり映画制作についての知識がないので、あまりわかりませんが。笑

謎の美女ヴィヴィがとても可愛いですね。

iTunes Storeからレンタルできます↓

 

Amazonはこちらから↓