デュオの映画人生〜My Treasure Movies〜オススメ映画

私達の人生を彩る素敵な映画をオススメ致します。

検察側の罪人 感想 ネタバレ あらすじ

検察側の罪人を観てきたので紹介します!

 

木村拓哉×二宮和也

 

あらすじ

都内で発生した犯人不明の殺人事件を担当することになった、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、駆け出しの検事・沖野。

調べていくうちに、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件で、容疑者だった松倉という男の存在が浮上し、最上は松倉を執拗に追い詰めていく。

沖野の取り調べに松倉は否認を続ける。

やがて沖野は、最上が松倉を犯人に仕立て上げようとしているのではないかと、最上に対し疑惑を抱き始める。

 

感想

大きくメディアに取り上げられた期待作。

微妙なところも多々あったが、私個人としては、作品全体の評価はわりと好評価。

タイトルの「罪人」に直接的に関わる部分として、最上が殺人を犯してしまうシーンがありましたが、直接手を下してしまう展開には驚きました。

この手の作品では、そういった直接的な殺人はせず、法律的な部分での罪かなと思っていたからです。

予告編で話題になっていた二宮和也のマジギレ演技は良かったと思います。

吉高由里子も存在感抜群で、良い味を出していました。

作品の終わり方がスッキリしないので、賛否両論分かれるところでしょう。